お二人の大切なゲストの皆様に心から楽しんでいただきたいから。
ハカタギ グランヒューリではフレンチの技巧に和のエッセンスを取り入れた、
「フレンチジャポネ」をご用意しています。
クラシックなフレンチをベースにしながらも、
出汁や醤油など日本人として安心できる味付けも多いため、
ご年配のゲストの皆様にも親しみやすいお料理に仕上がっております。
日本人の旧来のスタイルでもあり、懐石のスタイルでもあるコース料理は、
フレンチと日本料理の融合を感じていただける工夫があります。
「四季を通して季節が感じられること、料理で四季を表現すること」
そのことによりご結婚式のあとも、
その季節が来るたびに素敵な記憶を思い起こしていただける。
美味しいだけでなくゲストの心に残る特別なお料理を心を込めておつくり致します。
お招きした皆様全員に、お食事と会話を楽しんでいただきたい。
記憶に残る時間でありたいと思っています。

契約農家にて無農薬野菜をできるだけたくさん使用したい。
調理人と生産者・納品者との関係を厚く、旬の食材・安心・安全の食材を使用することは料理の原点でもあります。
シェフのみならず、調理の関係スタッフ全員で畑に野菜を収穫に早朝より出掛けたり、 ガーデンの一角でハーブを育てたり、食材一つ一つを大切にする心も大切にしたい。 もちろんシャンパンやワインもオーガニックをご用意可能です。
パーティー後半でお出しするお茶もこだわりのフレーバージャスミンティーを使用しています。
お二人がご招待する大切なゲストだからこそ安心・安全なお料理を召し上がっていただきたいと思います。

新郎新婦の想いをグランシェフが形に

お二人の想いをコース料理に込める。そんなゲストのおもてなしはいかがでしょうか。出身地・ 出会い・思い出…。ハカタギ グランヒューリでは打ち合わせでお伺いしたお二人のドラマをストーリー仕立てにし、コース料理に反映することも可能です。
まさに "世界に一つ" のオリジナルメニューもお作りできます。

東京・京都・金沢など各地で培ったチーム全員で築くホスピタリティ

東京・京都・金沢など各系列店舗で腕を揮う11 名のシェフ陣。
ミシュランで7 年連続の星をいただく店舗など、レストランとしても非常に高い評価を得ております。
それぞれの経験やこだわりを活かした個性豊かな美味。
互いに切磋琢磨し合うことにより生まれる新しい発想や出会い。
私共が提供するのは非日常を演出する高揚感のある特別な料理。
厨房を率いる11 名の創り手と、ともに働き彩るプロフェッショナルたちの熱い思いを感じて下さい。

十一之風
Chef concept book "juichi-no-kaze"
Our Mind 私たちの想い Mind Interview


1963年、富山市生まれ。武蔵野調理師専門学校を卒業後、フランス料理の世界へ。有名ホテルで経験を積み、1995年に若干31歳でシェフに就任。1995年「フランス食品振興会主催(SOPEXA)フランス料理コンクール」 グランプリ、1997年、フランス料理の世界大会「ボキューズ・ドール」に日本代表として出場。 2000年よりハウスウェディングという新しいコンセプトの基でウェディング料理を考案。「フレンチジャポネ」の 走りを作り先駆者として広めてきた。2004年に東京西麻布にレストランをオープン。翌年ミシュラン1つ星獲得。2012年『上樵木町 ボウ・デパール』グランシェフに就任。日本から発信する新しいフレンチ「京キュイジーヌ」を提唱。それは五感で堪能する芸術的な逸品であり、身体にも配慮が行き届いた優しい美食。