博多駅前 ハカタギ グランヒューリ GRAND HYURI

ただのウェディングステージでは足りない。

創造される空間が集う人の感性を刺激し、ウェディングの質までも美しくすること。集うデザインに求められる真の価値。それは、積み重ねる時間と共に、人も街も建物も、輝きを増していくこと。

博多駅前の再開発事業として、日本郵便が開発する商業ビルとJR九州と
日本郵便が共同で開発する複合オフィスビルが開業を目指すなど
博多駅前が新しく生まれ変わります。

LOCATION 立地

歴史と文化と流行とその真ん中で集う贅沢。 「よそ行きの顔」と「普段着の顔」それぞれを享受できる贅沢なウェディングステージがここにあります。 上質で開放的なプライベート空間に囲まれて心を解き放つ。

DESIGN デザイン

感性を刺激するデザインが、時代を超える価値を創る。

hakatagi GRAND HYURIのデザインが目指すもの。
それは風化しない「自体に受け継がれていく価値のあるデザイン」。
ただ「ウェディングステージ」をつくるのではなく、
五感による豊かな「経験」が生み出される空間をつくることで、
集う人のウェディングの質さえも美しくする

NEW STAGE 新しいウェディング

そこはあなたの感性を花開かせる場所。
刻まれる日々は、幸せに満ち、感動を誘う。

分かち合う時間でありながら、個は強く輝き、集は美しく響きあう。
時を経るほどに、価値は深化し、未来は、大いなる幸せを導き、輝きは、
新たな未来へと羽ばたく。

今、ウェディングのあたらしい扉が開く全く新しいウェディングステージ hakatagi GRAND HYÛRI 誕生。

基本は、地名の「博多」+郵便局の「はがき」の造語です。
旧博多郵便局跡地であることと、結婚式に集う親戚、友人に、
家庭を新たに築く報告と感謝の意を「伝える」という、
結婚式の意義と郵便の役割り(伝える)を親和させた言葉です。
また、「はかた」+「気」の音韻も連想させ、博多マインド、「祭」に
象徴される博多らしい威勢の良さもイメージできます。
最後に「グラン ヒューリ」は、当社ブランドの代表的なタイトルを付加したものです。